株式会社日本触媒様と化粧品用素材に関する業務提携契約および代理店契約を締結しました。

株式会社マリンナノファイバー(本社:鳥取県鳥取市、代表取締役:伊福伸介、以下「マリンナノファイバー」)は、日本触媒(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:五嶋祐治朗、以下「日本触媒」)と化粧品用素材に関する業務提携契約および代理店契約を締結しました。本契約により、日本触媒は化粧品素材分野においてマリンナノファイバーが製造したキチンナノファイバーおよび加水分解キチンナノファイバーのマーケティング活動を開始します。

当社はカニ殻由来の新素材「マリンナノファイバー ®」に関する製品を研究開発・製造販売しています。「マリンナノファイバー ®」は、カニ殻の主成分であるキチンおよびその加水解物を超極細繊維として抽出したキチンナノファイバーおよび部分加水解キチンナノファイバーです。
日本触媒では「マリンナノファイバー ®」の特徴的な効能効果を実験データにより明確化するとともに、各粧品用途に向けた処方を開発することにより市場を開拓していきます。 

日本触媒とは
1941年の創業以来、自社開発の触媒技術を核に事業を拡大。酸化エチレンやアクリル酸、自動車用・工業用触媒などを世の中に送り出し、現在では紙おむつに使われる高吸水性樹脂でトップクラスのシェアを誇っています。日本触媒は「テクノロジー(技術)」を通じて「アメニティ(豊かさ)」を提供する、という企業理念「TechnoAmenity」のもと、グローバルに活動する化学会社です。

【株式会社日本触媒の概要】
 名称 株式会社日本触媒
 所在地 大阪市中央区大阪市中央区高麗橋4-1-1 興銀ビル
 代表取締役社長 五嶋祐治朗
 事業内容 化学品の製造販売
 資本金 25,038百万円
 創業 1941年8月21日
 ウェブサイト https://www.shokubai.co.jp